実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2007年08月14日

フォトショップのアートヒストリーブラシで水彩画を作る方法

フォトショップの機能の中に「アートヒストリーブラシ」という機能がありますが、
遊んでみると結構楽しいツールです。

aart5.jpg
フォトショップのアートヒストリーブラシで水彩画を作る方法

こんな写真があったとして(↓)これをアートヒストリーブラシを使って
水彩画っぽく仕上げていきます。

aart1.jpg


普通に「水彩画」フィルタを使ってもイメージは作れますが、
どこか単調で粗い感じが僕は嫌いなので、アートヒストリーブラシでやってみましょう。

aart2.gif


最初に割と大き目の筆のサイズにして、写真全体をザッとなぞってやります↓

aart3.jpg

あとは、タッチを変えたい細部に向けて、ブラシのサイズを変えながら
自分好みになぞっていきます。
描画モードやタッチの質を変えればさらに面白くできます。

aart4.jpg

完成↓

aart5.jpg

通常のフィルタと違って細部に手が加えられるし、
何より約10分程度でそれっぽい絵になってくれるので、便利です。

本当は別の使い方が正しいんでしょうけど(笑



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51299308

この記事へのトラックバック

photoshopの無料ブラシで簡単グラフィック☆
Excerpt: 海外のサイトでは、今沢山の素敵なフリーのブラシがダウンロードできます。このブラシを使うと、素人さんでも短時間でカッコいいグラフィックが作成できちゃうかもしれませんね烈 『Obs..
Weblog: バナー専門店『バナーブックス』~GIFバナー、FLASHバナーの各種バナー制作は、『バナーブックス』にお任せください!
Tracked: 2007-11-05 10:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。