実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2006年11月23日

イラストレーターの段落設定や文字設定でテキストをキレイに。

イラストレーターでテキストを扱わない場合など、ほとんどないと思います。(イラスト専門の人以外は)
テキストをきちんと整えれば、もっと見栄えよく作れたりします。イラストレーターの段落設定や文字設定でテキストをキレイに。

イラストレーターでテキストを整形(?)するときは、
「段落設定」や「文字設定」を使います。


■テキスト後部が、バラバラの場合


例えば、こんな感じ↓の、ボックスで作ったテキストがあるとします。

1.gif

見えてもらうと分かるように、デフォルトで打ち込むと、
左揃えの状態で、文章の最後(ケツ)がバラバラで
あまり見栄えがよくありません。


このテキストを「ケツ揃え」(正式名称はわかりませんw)にすると、少し見やすくなりキレイに見えます↓

3.gif





■句読点が前にまわった場合


4.gif


「。」が文頭に来てますので
これは、常識的にアウトですので修正しなくてはなりません。

5.gif

「ぶら下がり」にチェックを入れてやると、文章の最後にまわってくれます。

6.gif

ちなみに、最後が「かっこ」だけだったりとかした場合は、「禁則処理」にチェックを入れれば調整できます。





■文字と文字の間がバラバラの場合

7.gif

↑こんな感じで字間がバラバラな場合は、

8.gif

↑「詰め」を入れてやれば、キレイにまとまります。
※フォントによっては、詰めが効かないフォントもあります。





■詰めの効かないフォントの字間調整


9.gif

詰めたいテキストの間にポイントをおいて、カーニング調整します。
詰めたい場合は、マイナスの値。拡げたい場合は、プラスの値に。

10.gif

あと、1つの文字だけを小さくした場合、ベースラインがズレがちですが、
これも調整しましょうw

11.gif
この記事へのコメント
突然すみません。
今、イラストレーター9と、フォトショップ5.5という古いソフトを使っています。
OSがVISTAなので、対応していないのでしょうか?イラストレーターもフォトショップも文字の書き込みができなくなってしまいました。
原因として考えられることがありましたら、お手数ですがお教え願いたいと思い、書き込みさせていただきました。
メールを頂ければ幸いです。
Posted by さつうみ at 2007年05月08日 10:04
コメントありがとうございます。
メールを送ろうと思いましたが、メールアドレスがわかりませんorz

ので、こちらに代筆いたします。

あくまで私見ですが、私が調べた限り
公式に対応しているverではないように思います。
イラレ9もフォトショ5.5もvista以前のOS時代に作られたソフトですので完全対応は難しいかもしれません。

インストールはされてるみたいですが、完全に対応できてると確証が持てるまでは、インストールしないほうが、トラブルもないのでいいかと思います。

文字の書き込みについては、
おそらくフォントの問題もあると思います。

私はVISTAを使ったことがありませんので詳しくご説明はきませんが
MACのOSを変えたときの経験からすると、
おそらくOSによって対応フォントが変わるのではないでしょうか?
Posted by mc69 at 2007年05月09日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28144912

この記事へのトラックバック


Excerpt: 禁則処理禁則処理(きんそくしょり)とは、約物などが行頭・行末などにあってはならないという禁止事項のこと。また、それを回避するために字詰めや文の長さを調整したりすること。例えば句読点(、。)や閉じ括弧(..
Weblog: デザイン用語【か〜た行】
Tracked: 2007-10-05 20:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。