実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2011年08月16日

イラストレーターで使えるクオリティの高い無料ベクター素材サイト「Qvectors」

Illustratorで使えるハイクオリティなデータが
無料でダウンロードできるサイトを見つけたのでご紹介。


mmk-0.png

Qvectors
http://qvectors.net/

vectorデータの集まったサイトなので、ほぼイラストレーターで使える素材ばかりです。
しかも無料で。

こういったイラレのデータを作ることにチャレンジした人ならわかると思いますが、
クオリティ高いなぁと。

いくつか気に入ったデータをダウンロードしてみました。


mmk-3.png

 


 


mmk-5.png

 


 


mmk-1.pngiamyung

 



mmk-2.png

 


mmk-4.png

ちなみに作品は、個々にライセンスがありますので、
商用可とかクレジット表記とか調べてみましょう。

調べ方は 作品の下にあるLicensesのとこをクリック↓


 


mmk-6.png

 


mmk-7.png



なんたらかんたら英語で書いてありますが、
フッター付近に「日本語」メニューが用意されてますのでそちらをクリックして解読しましょう。


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220530571

この記事へのトラックバック

実用書には載ってないイラストレーターの使い方。
Excerpt: 実用書には載ってないイラストレーターの使い方。
Weblog:
Tracked: 2012-01-24 09:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。