実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2009年11月15日

mac OS Xのスクリーンショットの作成「シフト+コマンド+4」が割に便利なこと

夏頃からimacを買って以来もっぱらマックユーザーとなりましたが、
OS Xのスクリーンショットの作成(ショートカットは、「シフト+コマンド+4」)が結構使いやすくて重宝してます。

こんな感じでネットで見つけた画像の必要な部分だけキャプチャしたり、
sc111110.png

 


webサイトをデザインするときに、
ロゴ回りを参考にキャプチャしたり、比率参考にキャプチャしたりとか
結構便利ですね。
もちろん、os9のころにあった、画面全体をスクリーンショット(シフト+コマンド+3)するも
便利な機能です。メニューを出した状態でも記録できますし。

そういえば、上記のスノーレオパードにアップグレードしてみましたが、
体感速度もイマイチ実感ないし、ドックが少し使いやすくなったかなというメリットしか今は見えてません。
でもディスクスペースは、節約できてるんですよね。

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。