実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2005年12月22日

フォトショップのトーンカーブの使い方

Photoshopの中に【トーンカーブ】という機能があります。

フォトショップの極意は、補正技術や合成技術ですが、トーンカーブを極めれれば

大半の補正ツールを使わずとも、トーンカーブで済ませれると個人的には信じております。

まず、こんな写真があったとします。

かなり青っぽい写真です。




 


まずは、

【イメージ>色調補正>トーンカーブ】で

トーンカーブツールを出します。






ちょっと例を出してみましょか。






↑例えばチャンネルをCMYKの状態で、スライダを上のようにすると

上の写真のように、飛んだ写真(中間色をぶっとばした)が出来ます。







↑もうひとつ例を挙げると、チャンネル【シアン】を上部のように

スライダを移動させると、シアンの濃い部分の色がさらに濃くなります。



-----------------------------------------------------------------


では、実際に一番最初の写真を使って色補正をしてみましょう。

青っぽい写真を、もうすこし今自然な感じの(紫チックな)色合いにしたいと思います。







↑まず、チャンネル【シアン】で上のようなカーブを作ってやります。

こういうカーブは、「中間色を飛ばしてコントラストを上げたい」時によく使います。

写真は中間の青が多いようなので、少し減らしてやります。

濃いシアンの部分、薄いシアンの部分はそのまま残す感じです。


 






↑次にチャネル【マゼンダ】のカーブをぐいっと上げます。

シアンとマゼンダの組み合わせで紫っぽい色が作れます。

この辺の色の理屈が、わかっていないと逆に辛いかもしれません。







↑顔や周りの物が少し青っぽいので、黄色(イエロー)加えてやります。

チャンネル【イエロー】を上のようなカーブにすることで、

黄色の色調を加える(上げる)ような効果が得られます。

色の加減は、顔を基準に見るとよいでしょう。









↑黒い部分が少しグレーっぽいので、真っ黒にしてやります。

チャンネル【ブラック】を上のようにすることで、100%の濃さのブラックを

増やすことができます。

基本的に真っ黒でないとおかしいものは、黒い要素を加えないと

印刷したときにも、黒が薄い感じになってしまいます。





これで、完成。

RGBでは少し解りにくいですね==;






トーンカーブは、感覚でありロジックな要素もあります。

カーブの上げ下げは、割と感覚や慣れでいけますが、

印刷したときの仕上がりや、どの色がどんな組み合わせで出来るかとか

色んな要素での知識も必要になります。



ただ、覚えればこれほど頼もしいツールもありませんので

フォトショップユーザーは無理してでも覚えましょうw

この記事へのコメント
最近PS勉強しています
参考になります
Posted by 仙台の人 at 2011年02月25日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10928286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。