実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2005年12月22日

JPEG画像で送りましょう

クライアントに画像を送る際に、「画像が見えない」という声をよく聞きます。
特別、DTP環境を揃えていないお客様(大半ですが)には、JPEG画像を送ってあげましょう。続きを読む

フォトショップのチャンネルミキサーの使い方

Photoshopにチャンネルミキサーという機能があります。

ここ1年位前までは、使い方もわからずほったらかしの機能でしたが、

実は、結構使える機能だったのですねぇ^^;

続きを読む

フォトショップのトーンカーブの使い方

Photoshopの中に【トーンカーブ】という機能があります。

フォトショップの極意は、補正技術や合成技術ですが、トーンカーブを極めれれば

大半の補正ツールを使わずとも、トーンカーブで済ませれると個人的には信じております。

続きを読む

フォトショップで斜めの画像を水平にする方法

久々にDTPネタを投稿します。



スキャナーを使って、スキャンしたときに画像が斜めになってることがありますよね。

レイアウトする際、斜めのままでは使わないと思います^^;



誰でもやってる画像を水平にする方法ですが、僕はこんな方法でやっております。



理解難度/★☆☆☆☆

続きを読む

特色印刷物件のカンプ作成方法

【カラープリンターで特色の印刷物を表現する】

印刷会社に勤める僕には、
特色の印刷物を作る機会があるわけですが、
そんな時、クライアントにできるだけ
刷り上がりに近い印刷物を見せる必要性をしばしば感じます。

そんな時、フォトショップでの擬似特色を
作ることで、仕上がりに近いカンプを作ることができます。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。