実用書には載ってないイラストレーターの使い方。

アドビイラストレーターを使って、グラフィックデザイン本にはあまり載ってない現場で使えるテクニックを紹介します。

実用書ではあまり取り扱ってないイラストレーターの使い方を中心に紹介しています。
約7年間のDTP現場での培った、「現場で使えるイラストレーターのテクニック」を各自のスキルアップのためにご活用ください。

2005年11月17日

イラストレーターのブラシ機能で図形に沿ったロゴを作る方法 

前回、ブラシ機能のエントリーを上げた時、思ったより好評だったので

続いてもういっちょあげようかと思います。



今回は、【イラストレーターのブラシ機能で図形に沿ったロゴを作る方法】です

続きを読む

2005年11月08日

イラストレーターで正確に図形を移動させる方法

Illustratorを使っているとき、1mmたりとも寸法をずらしたくないときや、

シビアな数値を要求されたりしたりする時があります。


そんな時は、こんな方法で正確に移動させましょう。

続きを読む

2005年11月06日

フォントは、【アウトライン】を取りましょう

入稿データで多いのが、フォントに関する問題です。
フォントデータは、それぞれ環境によって変わると思われます。続きを読む

JPEG画像で送りましょう

クライアントに画像を送る際に、「画像が見えない」という声をよく聞きます。
特別、DTP環境を揃えていないお客様(大半ですが)には、JPEG画像を送ってあげましょう。続きを読む

色のトラブルを避ける【色見本】を付けましょう

印刷会社にデータを入稿する際は、必ず【色見本】を付けましょう。
実際に色見本をつけておかないと、仕上がった時のイメージと違っていても印刷会社には、
文句は言えないのです(本当は)続きを読む

イラストレーターで立体文字を作る方法

フォトショップで代表的な機能といえば、「エンボス(立体)」機能ですが、

とにかくスピーディーに仕事をしようと思うと、いちいちフォトショップ使うのも面倒になります。

(10やCSなら、イラレ上でも簡単に作れるみたいですね)



イラストレーター8だけで、サクサクと立体文字を作る方法を紹介します。

続きを読む

2005年11月02日

Illustratorで、筆文字・筆絵を自在に書く方法

筆文字や筆絵なんてかける人は、ホント凄いですよね。
特に筆文字なんかは、実際に書いたりもするけど、本番で使えるような字が書けるわけでもなく、書いてる途中で断念したりもしばしばです。

そんな人のために筆のテイストをイラストレーターで簡単に再現できる方法を紹介。続きを読む

Illustratorのアクション機能で自動化する方法

イラストレーターにある【アクション】という機能を使えば、

面倒くさい作業がワンタッチでできたり、ショートカットとして活用できたりととても便利です。



イラストレーター(以下イラレ)同様に、フォトショップも使える機能ですw

続きを読む

ロゴデータ作成

クライアントが自社のロゴデータを
持っていないケースがあります。

そんな時は、代わりにデータを起こすしかありません。

そんな時、素早くとロゴが作れる方法があれば便利ですね。

今回掲載する僕が普段使っている方法は、
単純な1色のロゴデータ等に向いています。

馴れたら応用も可能ですよ☆
続きを読む

簡単!文字設定

イラストレーターの文字設定画面で、「%」や「pt」等の
数値を入力するのが、煩わしいと思ときがあります。
こんな機能があるのをご存じでしょうか?続きを読む

印刷会社が好むトンボの付け方

1日に少なくとも2〜3件は、出力の依頼があります。
大半は、デザイン会社や代理店からの依頼です。
が、色んなデータがあって、作り方も様々。

時には「なんじゃこりゃぁ!」という様なデータもあるのです(汗続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。